TOYO KITCHEN/トーヨーキッチン激安で施主支給

トーヨーキッチン施主支給販売エリアは以下2店のショールーム作成プランのみです。

➀大阪ショールーム 大阪市中央区久太郎町4-1-3

➁名古屋ショールーム 名古屋市名東区一社2-21

トーヨーキッチンは高額で、ショールームも敷居が高いイメージですが、その様な事はございません。 

高額な商品もございますが、リーズナブルな商品や組み合わせで大人気です。

弊社、過去の販売価格で120~350万円ぐらいになります。 

150万円前後のお客様がもっとも多くみられます。
レンジフード&アイランドキッチンのシンプルプランが大人気です。

軽自動車より安価で、自動車よりはるかに使用(数万回)しますので元の取れる商品です。

キッチン1日3回使用 3×365日=1.095 1095×20年=21.900回使用

みんなのトーヨーキッチン実例←クリック


TOYO KITCHEN・INO/トーヨーキッチン・イノ施主支給


ライフスタイルにあわせて、キッチンの「カタチ」をセレクト

トーヨーキッチンで家族や友人とのひとときを最高に楽しむ。

キッチンとダイニングテーブルをひとつなぎにしたCD-LANDは、段差のないフルフラットのワークトップ。

広い作業スペースがキッチンでの作業をスムーズにするとともに、料理をする人、カウンターで食事をする人が丁度良い「目線」の高さで会話をすることができます。

対話を大切にしたい。

トーヨーキッチンのアイランドキッチンならば、部屋全体を見渡せ、会話しながらゲストをもてなすことができます。

またカウンター付きならばできたての料理を目の前でサーブするのも喜ばれます。

部屋のサイズや、家族構成、人の動きを考えてキッチンを自由自在にレイアウト可能。

更に段差のないフルフラットな奥行き146cmの大型ワークトップもラインナップ。

世代を超えて集う新しいエンターテインメント空間。

キッチンに求められる機能は、「料理をする」「家族が集う」「友人を招く」だけではなく、子供はキッチンで勉強したり、旦那さんはワインを傾けながら寛ぐ。

奥さんは料理をつくり、家計簿もつける。そして、家族や友人が集うパーティーまで考えると、キッチンはますます巨大になることで新しいライフスタイルが実現できます。 

お料理教室などにも大人気でぴったりなキッチン。

世代を越えて1つのキッチンに家族や友人が集う。料理をし、食事をし、生活を楽しむ。
MEGA KITCHENは、そんなあたらしいライフスタイルを現実のものとしてくれます。

お料理教室などにもおススメ!の大きなシステムキッチンです。

TOYO KITCHEN・COR/トーヨーキッチン・コア施主支給

トーヨーキッチンならインテリアになる。

新扉のフィールウッドは、自然で荒々しい風合の節目模様や導管の凹凸感まで天然木さながらにリアルに表現した新感覚のキッチン扉です。
ジャーマンデザインアワード2019でスペシャルメンションを受賞
今、最も注目される世界のデザインアワードのひとつ、ジャーマンデザインアワードにて、スペシャルメンションを受賞しました。限られたノミネートの中で、優秀であるものに与えられます。
「ジャーマンデザインアワード」とは
ジャーマンデザインアワード(以下GDA)は、ドイツを拠点とするRfF(Rat fur Formgebung /German Design Council)が認定する国際的なドイツのデザイン賞です。その目的は、唯一無二のデザイントレンドを発掘し、世に送り出し、そして栄誉をあたえることです。毎年、プロダクト(製品)とコミュニケーションデザインの2つのカテゴリの中から、 国際デザイン界のパイオニアとなるような、最高水準のエントリー作品にのみ受賞が許されます。
3Dシンクとワークトップが、[ICE]でリンクしました。

トールボーイは、広いシンク全体をカバーできるあたらしい水栓。

33cmものロングスパウトは、トーヨーキッチンスタイルの広くて深いシンクにあわせて開発されました。
また、吐水レバーも女性の手のひらほどの長さ(17cm)があり、奥行きの深いキッチンでも前傾せずに自然なポーズで湯水を出すことができます。

TOYO KITCHEN・BAY/トーヨーキッチン・ベイ施主支給

技術とノウハウを集約のベイはトーヨーキッチンのスタンダードモデル

計算された75cmの効率。料理がもっと、楽しくなる 。

トーヨーキッチンで料理する歓びを、もっと

料理をすることに集中したい、そんな方にオンウォールは最適です。立った姿勢から半径75cm内ですべてに手に届く「ゼロ動線」設計により、今までの壁付けキッチンのイメージが大きく変わります。
プロも納得する「3Dシンク」をはじめ、大容量の引出し、ステンレスのワークトップやレンジフードなど、徹底した使いやすさとメンテナンス性により、料理の歓びを支えます。

吊り戸棚は目線の高さに

ワークトップの奥行き75cmのキッチンは、プラス10cmの幅によって頭の衝突を防ぎ、手が届かず使いづらかった吊り戸棚を目の位置まで下げることができます。踏み台に乗らないと使えなかった収納が、わずかな奥行きの拡張によって身体の上下の動きまでも抑え、使いやすい収納に変身します。

※iNOのワークトップは奥行き75cm、CORE/BAYのワークトップは奥行き77cmです。

お皿1枚分の余裕

奥行きを75cmにすることで、奥行き65cmのキッチンと比べ1枚多い3枚もの皿を並べることが可能。盛りつけ時にも重い調理器具を持ったままの横の動きが減り、作業効率が一段と良くなります。

左右の動きは最小に

奥行きを75cmに、その代わりに間口を縮めてキッチンの面積は変えない。すると左右の間口幅が縮まった分、今までの身体の左右の動きをグンと抑えることができます。また間口にできた余裕の空間に冷蔵庫などを置くこともでき、動線がさらに改善されます。


トーヨーキッチンをプログレスは施主支給で激安販売中です!

安心サポートですのでお気軽にお問い合わせください。

↓Mailでお見積/お問合せクリック↓

施主支給の激安で安心ショップ!プログレス


関連記事一覧